変数の使い方

PHPで利用する値は、変数の中に保管して扱うのが一般的です。変数は、PHPでは以下のようにして利用します。

このように実行すると、PHPは指定した名前の変数を用意し、そこに右辺の値を設定します。たったこれだけです。実に簡単ですね。ただし、この変数名についてはいろいろと注意すべき点があります。これらについてまとめておきましょう。

変数名は必す$で始まる

これはPHPのもっとも基本となるルールです。$で始まるものしか変数とはみなされません。

変数名は半角英数字でつける

変数名に使える文字は、半角のアルファベット、数字、アンダースコア(一)です。それ以外の記号類を名前に含めることはできません。

$の次の文字は数字以外

$のすぐ後にはアルファベットまたはアンダースコアがなければいけません。数字を使うことはできません。

PHPの予約語は変数名に使わない

PHPにはあらかじめ用意されている予約語が多数あります。これらは、変数名として使わない、というのが暗黙のルールです。使ってもエラーになるわけではありませんが、ソースコードを混乱させる元になりますので極力避けるべきでしょう。「どんな予約語があるか」を今すぐ覚える必要はありませんが、基本的なルールとして覚えておいて下さい。では、実際に変数を使ってみることにしましょう。先に簡単なテキストを表示するサンプルを作りましたが、変数を使って同様にテキストを表示させてみましょう。