フォーム要素をスクリプトから作成する方法

 ラジオボタンや選択ボックスなどのフォーム要素は、選択オプションが増えてくると、 HTMLを構築するだけで一苦労です。

 選択オプションが5個程度と少数ならまだ事は簡単ですが、これが50、100…とどんどん増えたらどうなるでしょうか。コピー&ペース卜するにしても非常に骨の折れる作業になりますし、なにより致命的な間違いを生む原因ともなりえます。 このような場合、繰り返し構文を利用することによって、スマートにコードを記述することが可能になります。

 for文を例にして、例えば10から始めて、 10を一つの単位にして、 50まで増やします。カウンタ変数を10ずつ増加させる時には、増減式を「$i=10」のように記述します。「$i+=10」は、「$i=$i+10」の短縮形となります。

 配列や連想、配列で選択肢のデータを準備しておいて、 foreach命令で順番に埋め込むことも可能です。

 もしvalue値と表示するテキストが同一の場合には配列で、異なる場合には 「value値 =>テキスト」 の連想配列として、選択肢を用意しておきます。 foreach命令は、配列/連想配列の中身を順番に取り出すための命令です。今一度、確認をしておくとよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です