LinuxでPHPの動作環境を構築する

Linuxには、Debian 、Red Hat、Turbo Linux などの「ディス卜リビュー ション」と呼ばれる種類があります。本書では「CentOS」 というディス卜リビュ ーションを使います。 CentOS5で PHP の動作環境を構築しましょう。本書では、 PHPを単体でインストールします。なお、インストールは必ず 「MySQL」 → 「Apache」 → 「PHP」の順番でインストールします。異なるバー ジョンを使用したり 、インストール先などを変更した場合などは、下記の方法で動作しない場合もあるので気をつけてください。

LinuxでMySQLをインストールする方法には、2通りあります。
ソースコードからコンバイルしてインストールする方法と、RPMパ ッケージを使用してインストールする方法です。RPMパッケージやyumコマ ンドからのインストールはLinuxの知識がなくてもコマンドひとつで簡単にインストールできることができます。しかし、最新バージョンに対応していません。ここでは、ソースコードからコンパイルしてインス卜ールする方法を紹介します。

MySQLは機能・性能の改善やパクフィックスを頻繁に行っています。本書では、執筆時点の安定バージョンである 5.0 .37 を採用します。なるべく安定バージョンの最新のMySQLをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。最新のソースコードは MySQL のWebサイトから入手できます。
また、Linuxでは、パッケージやソースコードからApacheをインストールすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です