文字コード「UTF-8」

文字コードは「UTF-8」を選ぶ傾向になりつつあります。

Web アプリケーションでの文字コードを考えるときには、まずはどの文字コードを使用するのかを決定することが重要になります。
Webアプリケーションには必ずこの文字コードでなくてはならないという決まりごとはありません。
以前は、Linux 系サーバの普及率が高かったこともあり、サーバ内 (Webページやサ―バアプリケー ション) の文字コードは「EUC-JP」で構成することが一般的でした。
しかし現在は、PHPも国際化が進んでおり、多言語に対応した文字コードでプログラミングすることが必要になってきました。
言語の国際化とともに、作成するWebアプリケーションも多言語で表現できる文字コード、つまり「UTF-8」にするとよいと考えられています。

代表的なテキストエディタでの文字コードの設定方法は、Windowsの秀丸エディタでは、ファイル保存時のダイアログで、ファイルの種類は「すべてのファイル(*.*)」、文字コードは「UTF-8」、改行コードは「LF(ラインフィード)」を選んで保存して完了です。
一方、MacOSのCotEditorでは、ファイルのヘッダにあるツールバーで文字コードなどを指定できます。
改行コードは「LF」、エンコーディングは「Unicode(UTF-8)」を選択します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です