SQLの応用で自由自在に作ろう

テーブルというのは、フィールドを自由に追加したり、削除したりすることができるそうです。フィールドに「keyword」と記入して商品のキーワードを管理することができるそうです。検索、変更、削除というのでは、SQLの最後に「WHERE」に続けて条件文を記述するのだそうです。この条件文というのは、とても複雑な条件を指定することができるそうです。これをするとデータベースは、自由自在な検索を行うことができるのだそうです。SQLで検索をしたら、データを取り出せることを「ヒットする」というそうです。SQL内では「INT」型に指定したフィールドに、等号や不等号を用いることができるそうです。また等号だけは「VARCHAR」や「TEXT」型のフィールドにも利用できるそうです。PHPでの不等号と似ているそうですが、等号が「=」一つということと、「等しくない」を意味する記号が「<>」なのだそうです。Webサイトでは入力したキーワードを含んだ文章を検索することができると思います。このような機能を手作りしていたらとても大変だそうです。データベースというのは、あらかじめこのような「部分検索」の機能が搭載されているそうです。「AND」で複数の条件をつなぐと「かつ」「さらに」といった条件をくわえることができるそうです。「OR」は「または」という条件をくわえることができるそうです。これら「論理演算」というもので、これらの記号を合わせることで複雑条件をどんどん作ることができるそうです。ORとANDを組み合わせたSQLを使ったりする時は、「()」で条件を囲わないといけないそうです。カッコで囲んで正しく条件を組み立てることが大切だそうです。しっかりと確認してほしいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です