PHPに必要なソフトウェア

プログラミングをPHPで行う時にどのようなソフトウェアが必要になるのでしょうか?確認していきましょう。まずプログラムを作る環境(開発環境とも呼びます。)でPHPのプログラムをエディタに書き込みます。サーバ上に書き込んだプログラムを配置し、プログラムを動かす環境(実行環境とも呼びます。)のサーバで実行するようです。このサーバにはデータベースやPHP・Webサーバが入っているようです。大まかな流れが分かったところで次は1つずつ細かく確認していきましょう。・PHP実行エンジン(PHP):これはPHPを実行する際に必要になる1番重要な部分になります。これはWindowsをはじめとした様々なOS上で動かすことが出来るようです。・Webサーバ:こちらはWebページを見られるようにしたり、PHPを動かしたりするのに必要なソフトウェアになるようです。Apache HTTP Serverという代表的なWebサーバがあり、このソフトウェアは無料で使えるようです。・データベース:データベースとはWebアプリケーションによりデータを保存する際に使う場合があるのだそうです。MySQLと呼ばれるものが代表的なデータベースの1つだそうです。このソフトウェアは無料で使う事が出来ます。・テキストエディタ(エディタ):テキストファイルを編集したり作成したりするソフトウェアです。エディタを使いPHPプログラムを記入した時、「.php」という拡張子でテキストファイルとして保存を行います。Windowsの標準のメモ帳でもこのプログラム自体を記入することは可能ですが、高機能なエディタを利用すると・桁番号が表示される・言語のキーワードが色分けされるなど便利な部分があります。ソフトウェアも様々です。有料か無料かなどもありますので、使う場合は自分の好みに合うものにすると良いかもしれません。実際はVimというエディタが開発現場では良く使用されているようです。またエディタの機能だけではなく、プログラムをプロジェクト事に管理する機能やエラーを取り除く作業(デバック作業とも呼ぶ)を行うための環境など開発に広く役立つ機能をもっている統合開発環境(IED)を利用する場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です