サイト運営に関するタブー

お店のホームページ制作でお気を付けいただきたいことの1つに「文章表現」「写真の使い方」があります。「文章表現」に関しましては、政治や宗教上の思想を強く感じる表現やライバル店に対する批判コメントなどは、サイトを運営の管理者として配慮する必要があるでしょう。実際には法令違反に値するような文章でなくても、お客様やサイト訪問者たちが皆さんのお店のホームページ上のコンテンツ内容を目にした際に、気分を害したり、場合によってはキズつけてしまう内容や偏見ともとも取りかねない表現は控えるようにいたしましょう。近年ではLGBT関連に対するNGワードなどにも配慮が必要です。「写真の使い方」に関しましては、肖像権などの問題に関して、実際にご来店頂いたお客様の顔写真などを許可なくホームページ上のコンテンツに使用してしまってはいけません。実際に、店内の風景をホームページ上で紹介したいということであれば、モザイクやぼかしなどの画像処理を行うことで写真に写っている個人のお客さまが特定されないようなエフェクト処理を行うことが必要です。ご来店されているお客様の写真をホームページ上で使用したいということであれば、きちんとその旨を伝えおし写真掲載に対する許可などを取ることで解決するケースもあります。近年、個人情報管理に関するお店側の対応としては、厳しいルールなどが設けられておりますのでグレーゾーンに当たるような行為は NG であると考えておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です