ヒアリング確認事項は優先付けを

Web制作に限りませんが、プロジェクトの依頼に対しその趣旨などを確認するために行われるヒアリング。

中身の濃いものとするためにも入念な事前準備が大切。可能なら予行演習を行ってみるのも効果大。

実施となれば否が応でも、内部資料ともなる文書作成が必要となり、関係者の意見も聞き易くなるでしょう。

この時に準備する資料では特に発注者に確認しておくべき事項を明確にしておくこと、そしてそれらの項目に優先順位を設けておくことも重要とされています。これはヒアリングですべての項目について十分審議できる時間があるかどうか、あるいは途中の項目で紛糾して停滞するとも限りません。

そんな時優先順位を付けておけば最低限の確認は達成できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。