キャンペーンの役割と効果的な利用方法

□キャンペーンを行うことでユーザーに楽しんでもらう

キャンペーンというと、特定の期間に購入すると、特典がある、プラ前途の抽選がある。割引されるという実現方法が思い浮かぶでしょう。他にもユーザー参加型のコンテストやくじなどもキャンペーンにふ含まれます。

facebookではプレゼントや割引サービスのキャンペーンが行われていますが、ただ闇雲にプレゼントをすれば良いというわけではなく、ターゲットが喜んでくれる、もっとその企業やブランドと交流したくなる、そんなきっかけになるようなキャンペーンを企画しましょう。

●キャンペーンの企画時に検討すべきこと

キャンペーンを企画するには次のようなことを検討し、戦略的に取り組みましょう。

キャンペーンの目的・・・キャンペーンを行うことでどんな目的を達成したいのか
ターゲット・・・キャンペーンのターゲットとする人
商品、サービス、活動・・・ターゲットのニーズを満たす消費にゃサービス。あるいはターゲットに訴求する活動
ターゲットとの接点・・・ターゲットがキャンペーンを知り、参加するための場所
貢献・・・キャンペーンを通して顧客にどう貢献するか
期間・・・キャンペーンを実施する期間

◼︎facebookコンテストを開催するメリット/facebookと愛称が良いコンテスト

facebook上では写真コンテストキャンチコピーコンテスト、キャラクターイラストコンテストなど、色々なユーザー参加型のコンテストが開催されています。コンテストを開催することにはどんなメリットがあるでしょうか。

●ユーザーが説教的に関与してくれる

コンテストの良いところはユーザーが積極的に関与してくれることです。facebookページに「いいね!」するユーザーでも、facebookページの投稿に対して反応してくれるのは、数%から数10%でしょう。おそらく、ほとんどのユーザーが投稿の購読だけで終わってしまうことが多いはずです。ましてや、自分から積極的にfacebook上に投稿してくれることは稀です。

しかしコンテストとして具体的なテーマを設定して開催してみると、テーマや商品によっては多くのユーザーが積極的に参加し、facebookページを盛り上げてくれます。

●入賞しなくても印象に残る

コンテストは最終的にランク付けをして優秀者を選びます。優勝、入賞した人の心に残るのは当然ですが、作品を投稿した人の心にも残ります。テーマを見て頭をひねってアイデアを出し。作品を提供するというステップの中で、ユーザーがそれぞれ時間も老直もかけて参加してくれます。

コンテストに参加してくれる人はもともとその企業やブランドに対する好感度が高い人や興味を持っている人が多いと覆いますが、コンテストへの参加によって、さらに思いを強くしてもらえるようなコンテストを開催しましょう。

●ユーザー投票によりみんなで結果を決められる

facebook上でコンテストを開催できるアプリの多くは、ユーザーが任意の応募作品に対して、投票することができる機能を備えています。この投票機能を使うことで作品の応募はできなくても気軽にコンテストに参加できます。

「みんなで選んだ●●」と言うのは、インパクトがあり、ソーシャルメディア時代にふさわしいコンテストです。

投票した人もプレゼント当選のチャンスがある、といった仕組みにすることで投票するモチベーションを上げることができますし、コンテスト参加者の間口を広げることにもつながります。作品を応募した人だけでなく、投票した人もコンテストの最終結果に興味、関心を持ってくれますし、facebookページを見に来るきっかけにもなります。

 ◼︎有料アプリでなければ実現できなし。

コンテストアプリには応募作品を受け付ける機能、応募したユーザーの個人情報を管理する機能、応募作品を一覧に表示する機能、ユーザーが投票する機能など、様々な機能が求められます。そのため、現在公開されているコンテストアプリのうち、高機能で実際の運用に耐えうる性能を持っているアプリはすべて有料となっています。

なお、アプリによっては、コンテストに合わせたカスタマイズが必要なため、「個別見積もり」としている場合もあります。注視してください。

WEBサイトで使用するデータの種類

WEBサイトを構築するなかでご自身の趣味や活動をブログ形式で簡素に更新していきたいとお考えの方は、訪れたユーザーたちに、皆さんの考えや情報の配信目的が素直に伝わるWEBデザインなどがおすすめです。

WEBページを構成するコンテンツとしては、文字情報にたより過ぎずに画像や動画などをバランス良く織り交ぜることが、より皆さんのメッセージが伝わりやすいなどとも考えられているようなのです。

WEBサイトに画像や動画情報を掲載する場合、使用するデータの内容によってはサイトの更新や運営に大きな影響を及ぼすこともあるようですので使用するデータの種類や容量に注意いたしましょう。皆さんが運営されるWEBサイトの目的に沿ったデータとはどのような特性をもったものなのでしょうか。

ページの親子関係

デザインを重視し、画像でリンクボタンを設置する場合は、必ずalt属性に目標キーワードを設定することにします。カスタムメニュー機能を活用すれば、目標キーワードを簡単にグローバルメニューとして設定できるということです。

ページの親子関係について考えます。WordPressというのは、目標ページとサブページを簡単に親子関係にすることができます。親子関係にすれば、目標ページに紐づくドメインが増えます。

そうすると、ウェブサイトの中に専門のウェブサイトができる状態になるということです。ページの親子関係というのは、親、子、孫、ひ孫……などなど、自由に階層を増やしていくことができます。

個別のページ制作画面には、ページ属性を選択する機能があります。ページの親、テンプレート、順序を簡単に決めることができます。

WordPressのページ機能は、閉じられたリンク構造を簡単に実現することができるのです。

ヒアリング確認事項は優先付けを

Web制作に限りませんが、プロジェクトの依頼に対しその趣旨などを確認するために行われるヒアリング。

中身の濃いものとするためにも入念な事前準備が大切。可能なら予行演習を行ってみるのも効果大。

実施となれば否が応でも、内部資料ともなる文書作成が必要となり、関係者の意見も聞き易くなるでしょう。

この時に準備する資料では特に発注者に確認しておくべき事項を明確にしておくこと、そしてそれらの項目に優先順位を設けておくことも重要とされています。これはヒアリングですべての項目について十分審議できる時間があるかどうか、あるいは途中の項目で紛糾して停滞するとも限りません。

そんな時優先順位を付けておけば最低限の確認は達成できるでしょう。

HTMLでタグを使う際の注意点

タグを追加してHTML文書を編集 した場合は、 HTMLファイルをWeb ブラウザーで開いて動作を確認しま しょう。追加した変更が思うように表示されていない場合は、次の点を チェックします。 タグの入力方法 タグは半角英数字で入力しなけれ ば認識されません。

全角スペースの有無 タグ内に全角スペースが入力され ていると 、正しく表示されない場合 があります。 終了タグの記述 多くのタグでは、終了タグが省略 されると動作しません。

font要素は、文字のサイズや色などを指定する際に利用する要素です。文字のサイズを指定するには、目的のテキス卜をと< /font> タグで囲み、「サイズの値」に 1から 7の数値を入力します。

なお、要素に属性を記述する際には、 のように 、要素と属性の間を半角スペースでつなぎ、属性の値を”( ダブルクォーテーション)で囲みます。font要素のsize 属性で、 1から 7の整数で文字のサイズを指定することができます。

HTMLバージョンのHTML5.0 では、テキス卜の装飾はcss で設定することが前提となるため、 font 要 素は廃止されます。 将来的なことを考えるとcss に置き換えておいたほうがよいでしょう。

更新とメンテナンスへの負担を考える

WEBサイトを開設する以前に外部サイトなどを利用してブログなどの掲載を行っていた場合、すべてを開設するWEBサイトのコンテンツとして埋め込めるのではなく、外部リンクなどを貼ることによって、アクセスしてくるユーザーたちを外部のブログページにリンクさせる方法も1つです。

トップページなどのメニューの一覧などに、分かりやすい形でユーザーたちをナビゲートすることがポイントとなってきます。

皆さんがWEBサイトを更新・メンテナンスしやすいWEBサイトの構成を考えることが、WEBサイトのデザインを考えるなかでも重要な要素となってくるでしょう。

店舗経営を試みながら同時にWEBサイトを運営していく手間は、皆さんにとって大きな負担になるかもしれません。WEBサイトの運営には、更新やメンテナンスのし易さも重要なキーとなるはずです。

上部ナビゲーション型のレイアウト

ページの上部は、一般的にはページ内でもっとも目立つ場所であり、ナビゲーションを明確に認識してもらうには適した場所といえる。

また、ナビゲーションはページを移動するためのツールであると同時に、サイト内での現在地を示す役割を担うことも多い。ページ上部に配置されたナビゲーションは、ページタイトルの位置とも近く、サイトの情造を示しやすい。

ホームページで、は、一般的に縦方向はスクロールして見ることが前提となっている。一方、横方向にはスクロールしなくても見ることができるようにしておく必要がある。

そのためページの横幅は限られていて、またホームページ上の文字は一般的に横書きなので、あまり多くのリンクを配置することは難しい。したがってサイトの構造としては、6つ程度の大分類で構成されるサイトに適したレイアウトだといえる。

サイト運営に関するタブー

お店のホームページ制作でお気を付けいただきたいことの1つに「文章表現」「写真の使い方」があります。「文章表現」に関しましては、政治や宗教上の思想を強く感じる表現やライバル店に対する批判コメントなどは、サイトを運営の管理者として配慮する必要があるでしょう。実際には法令違反に値するような文章でなくても、お客様やサイト訪問者たちが皆さんのお店のホームページ上のコンテンツ内容を目にした際に、気分を害したり、場合によってはキズつけてしまう内容や偏見ともとも取りかねない表現は控えるようにいたしましょう。近年ではLGBT関連に対するNGワードなどにも配慮が必要です。「写真の使い方」に関しましては、肖像権などの問題に関して、実際にご来店頂いたお客様の顔写真などを許可なくホームページ上のコンテンツに使用してしまってはいけません。実際に、店内の風景をホームページ上で紹介したいということであれば、モザイクやぼかしなどの画像処理を行うことで写真に写っている個人のお客さまが特定されないようなエフェクト処理を行うことが必要です。ご来店されているお客様の写真をホームページ上で使用したいということであれば、きちんとその旨を伝えおし写真掲載に対する許可などを取ることで解決するケースもあります。近年、個人情報管理に関するお店側の対応としては、厳しいルールなどが設けられておりますのでグレーゾーンに当たるような行為は NG であると考えておくべきです。

ハイブリッド

あいまいな組織体系の一つとして挙げられる「ハイブリッド」について考えてみましょう。組織体系を強力にするのはどうすればよいか考えたときを、ユーザーが簡単に理解できるシンプルなメンタルモデルを提示できるかどうかにかかってきます。特定のユーザー向けの情報や、トピック別に組織化された情報はユーザーが簡単に理解できます。そして、かなり小さくて純粋な組織体系が、完全性やユーザビリティを犠牲にすることなく、膨大な量のコンテンツに適用が可能です。ところが、複数の体系を混在させようとした時には、必ずといってよいほど混乱が生じ、ソリューションを見積もることができなくなってしまいます。例えば、特定ユーザー向け、トピック別、メタファベース、タスク指向の、アルファベット順の組織体系が含まれているような場合を想像してみてください。すべてが混在しているため、メンタルモデルを形成することができなくなっています。メンタルモデルができていれば探しているオプションをすぐに見つけられるのに、混在している場合は各メニュー項目を一通り眺めておかなければ見つけられないケースがよくあります。もちろん、ハイブリッド型の組織体系に対する警告にも例外はあります。その場所はどこかというと、ナビゲーションの表層です。多くのWebサイトは、メインページ上とグローバルナビゲーション内でトピックとタスクとをうまく組み合わせています。これは組織構造もそのユーザーも、コンテンツの発見とキータスクの遂行とを優先順位の1番上にあると認識しているという現実を反映しています。これに含まれているのは優先順位の高いタスクだけなので、ソリューションを拡張可能にする必要はありません。膨大な量のコンテンツとタスクを組織化する際にそうした体系が用いられるときにだけ問題が発生します。言い換えると、浅いハイブリッド型の組織体系はよいのですが、深いハイブリッド型の組織体系は良くありません。ところが残念なことに、深いハイブリッド型の組織体系はかなり頻繁に見受けられます。これはメインページに使用する体系を1つに絞り込むのが困難な場合に採用されることが多いからかもしれません。したがって複数の体系のエレメントを押し込もうとした結果、混乱を招くような内容になってしまうことが多くあります。このような場合、複数の体系を1ページで提供する際に、各体系の整合性を維持するように心がけて設計するとよいでしょう。同一ページ上でも体系ごとに提示されていれば、ユーザーのメンタルモデルをサポートする機能は失われません。

解像度の単位

ホームページに画像を載せようと思ったとき、「px」や「dpi」などの聞いたことのない単位を見かけたことがあるかもしれません。画像のサイズを変えようと思っても、いざ画像を開いたら「500px」と表示されていると、知識がなければ当然困ってしまいます。まず「px」はピクセルと呼ばれる単位になります。画素とも呼ばれることもあり、デジタル表示をする上での最小の単位に該当します。これはあくまでデジタルで表される単位なので、「1ピクセルは何センチに該当するのか」という言い換えをすることができません。とは言え、実際に印刷をするとなるとサイズを理解しなければいけませんし、ピクセルとセンチを互換する方法が必要になります。ここで使われるのが、解像度という単位です。「解像度が高い」といった使われ方で聞いたことがあるかもしれません。この解像度は「dpi」という単位で表されます。具体的には、1インチ(25.4mm)の中に、どれだけの画素であるピクセル(ドット)が密集しているかということを示しています。1インチの中にピクセルが少ないということは、当然ドットが大きくなります。ドットが大きいということはそれだけ画像が粗くなるということで、これは「解像度が低い」という状態になります。逆に1インチの中に多くのピクセルがあれば、画像は細かくなり「解像度が高い」という状態になるでしょう。そのため、「このサイズの紙に解像度◯◯dpiで印刷したいという場合、何個のピクセルが必要になるのか」という逆算をすることができます。具体的には72dpiの解像度が欲しいというときには283px、150dpiの場合には591px、350dpiの場合には1378pxが必要になると言われていますので、指針にしておけば問題ありません。